レーシック手術の眼科を紹介

老眼レーシック

老眼専用のレーシック手術があります。一般的なのは通常のレーシックと同様な手術手順です。「エキシマレーザー」照射は、角膜の切除直径と矯正量を分け、角膜形状を遠近両用のコンタクトレンズに似たように矯正します。

 

ただし主に片目とのバランスを崩して遠近を得ようとする施術が多いのが、「老眼レーシック」です。

 

ですので、乱視を治すための「レーシック手術」との応用は可能かもしれませんが、その点は事前に医師との綿密な確認と打ち合わせがが必要です。

 

どちらも「エキシマレーザー」照射という手術は変わらないとはいえ、やり方は違います。片目づつ違う手術を行えるのかもきちんと質問し、検査もしっかりと受けましょう。

老眼レーシックの施術

40歳以上に適応される「老眼レーシック」にして過去に「レーシック手術」を受けたことがない人しか受けられないのが「レーシックカメラ」といわれる、現在では最先端の「レーシック手術」です。

 

これは作ったフラップの下にカメラインレーを挿入する手術のため、目にフラップ以外のものまでも入れることになりますが、コンタクトレンズよりも小さなレンズのため違和感はありません。

 

他には、角膜周辺部に高周波を照射し、コラーゲンの収縮、角膜屈折力が増加することを利用した「ConductiveKeratoplasty」略して「CKレーシック」といわれる方法や、片目を普通にしても、もう片目は少し近視にとわざと手術で変える、バランスをとる「モノビジョンレーシック」と言われる方法などがあります。

 

全てが片目だけの手術なのが「老眼レーシック」の特徴です。自分にあった手術方法を医師と確認の上で選びましょう。

60代の老眼で乱視の場合のレーシック関連エントリー

品川レーシック後に頭痛や目眩、吐き気などはありませんか?
レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。
レーシックの手術での痛みはどうなのか?
レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。

60代の老眼で乱視の場合のレーシック

レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。