レーシックの手術での痛み

レーシックの手術での痛みはあるのか?

視力の回復をさせることのできるレーシックと呼ばれるレーザー手術を受けようと考えている人がまず一番にぶつかるのが痛みへの不安です。眼に器具を入れるなんて考えただけでも痛々しいものです。

 

レーシックの手術による痛みは本当にあるのか、またどのような痛みが出るものなのかを考えて行きます。

 

まず手術を行うにあたり最初に行うのが麻酔です。その麻酔を眼にどのような方法で麻酔を行うのか気になりますよね。眼球に直接麻酔の注射針を刺すなど考えただけでも恐ろしい話です。

 

ですが安心してください。麻酔は点眼薬で行われる為、普段の眼薬をさす行為と変わりません。そしてその後の手術は、もちろん麻酔が効いているので痛みは全く感じることはありません。

手術後に痛みは出るのか?

レーシックの手術での痛みが出るとすればこの術後になります。痛みは個人差が大きく、レーシックの手術の種類によってもことなりますが、眼が開けられない程痛みが出る場合もあります。この場合でも2〜3日でこのような激しい痛みは落ち着きます。

 

またこうような症状はごくわずかでほとんど人が涙の量が増えたり、眼にゴミが入ったような感覚でごろごろするといった痛みというより違和感を訴える人が多いようです。中には全く痛みも違和感も感じない人もいます。

 

レーシック手術は安全性の高く、痛みの出にくい手術なので、痛みへの不安がある人でも安心して受けられる手術です。

レーシックの手術での痛みはどうなのか?関連エントリー

品川レーシック後に頭痛や目眩、吐き気などはありませんか?
レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。
60代の老眼で乱視の場合のレーシック
レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。

レーシックの手術での痛みはどうなのか?

レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。