レーシック手術の眼科を紹介

ウェーブフロントレーシックのメリット・デメリット

レーシック手術は、進化を遂げています。その中でもウェーブフロントレーシックは最新型のレーシックということで、注目を集めています。

 

ウェーブフロントレーシックは、「ウェーブフロントアナライザー」という検査機を使って、手術を行う方法のことを言います。従来のレーシック手術と比較をすると、より精度が高い中で手術が行えます。

 

ウェーブフロントアナライザーには個人差のある角膜の形状に対応をして、手術が行えるという特色があります。個々の角膜に対して、最も適切なレーザーの照射をすることができます。

 

従来のイントラレーシックの場合、角膜は均一にしか削ることができません。このため、近視や遠視、乱視といったそれぞれの目の症状に対応をして、より精密な手術をすることができます。

 

従来のレーシック手術の場合、視力が回復をしても見えづらさが残るところがあります。1.0の視力はあるけれども、しばらく視界の中にぼやけたり滲んだりしているような個所があって、見えにくいと感じる人もいました。しかしウェーブフロントレーシックの場合には、はっきりと視野の中でものを認知することができます。

 

しかしウェーブフロントレーシックの場合、基本的な部分については、今までのレーシックのやり方を踏襲しています。角膜を削って視力の矯正をするというところには、変わりがありません。

 

このためもし角膜が生まれ持って薄く、十分に削れるだけの角膜の量がない場合には、手術ができない可能性もありますので注意しましょう。

ウェーブフロントレーシックのメリット・デメリット関連エントリー

イントラ角膜リングとは凄い施術なのか?
レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。

ウェーブフロントレーシックのメリット・デメリット

レーシック手術のおすすめ眼科を紹介!口コミや費用比較ランキング。